島村楽器 横須賀プライム店 シマブロ

島村楽器 横須賀プライム店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

横須賀I Love Guitar Fair関連ブログ「石川諒も語りたい」第四回-Kz Guitar Works工房ツアー②‐

第四回石川諒も語りたい

こんにちは!
横須賀店ギター・ベース担当、石川諒です。
前回に続いてKz Guitar Works工房ツアーの模様をお送り致します。

前回の記事をまだ見てない方は以下リンク先をご覧ください。
yokosuka.shimablo.com

それでは第四回、スタート!

Kz Guitar Works横須賀店オーダーモデル第3弾製作決定

今回の工房ツアーは今のところ遊びに行っただけのように見えますが、きちんとした目的がありました。そうです、お仕事です。

どんなお仕事かといえば
どうせ行くならオーダーしよう!
(最高なお仕事です!)

これまで当店では2度Kz Guitar Worksでショップオーダーモデルを製作してきました。
記念すべき1回目のオーダーモデルは昔のシマブロでも紹介してましたね。
yokosuka.shimablo.com

今回オーダーしてきたギターは、
Kz Guiatr Worksフラッグシップモデルかつ一番人気のKz One Standard Semi-Hollowです。

というわけで、語ります!(現在鋭意製作中)

まずはギターの顔、「トップ材」を選ぼう

f:id:shima_c_yokosuka:20180325172346j:plain

シーズニング(乾燥)している木材の中から、
今回オーダーするにあたって一つ一つ手に取って杢目を確認し、完成を予想します。

f:id:shima_c_yokosuka:20180325172603j:plain
f:id:shima_c_yokosuka:20180325172701j:plain

さまざまな杢目があり、悩みますね・・・
角度を変えるだけで杢目は様々な表情を見せますし、
杢目の形や深さを見て塗装の乗り方を考えるだけでいくらでも時間を費やせます!笑

これらは綺麗なフレイムメイプルですね。
f:id:shima_c_yokosuka:20180325173558j:plain
f:id:shima_c_yokosuka:20180325173632j:plain
こういう色味が白いメイプル材は塗装の色味を選ばないのでナイスです。

しかし!
今回はオーダーするにあたって、ある程度石川の理想を考えてきたのです!
そして今回選ばれたトップ材はコチラ!

キルトメイプルです!
f:id:shima_c_yokosuka:20180325173922j:plain
今回は杢目のカタチとメイプル本来の色味に拘り選定しました。
この木材のキルト杢は四角ではなく丸に近いカタチが多く、
今回の完成イメージに最も近い木材と出会えました!

続いてはコチラ。

カラーリング

f:id:shima_c_yokosuka:20180330185655j:plain
トップ材が決まったら同時にカラーリングも決めます。

工房では実際に木材に着色したサンプルを見せて頂き、イメージを膨らませます。
f:id:shima_c_yokosuka:20180330185935j:plainf:id:shima_c_yokosuka:20180330185941j:plain
フィニッシュの違いによる変化も見られるのは嬉しいですね!
青系が好きなのでついつい青系ばかり手に取ってしまいます・・・

杢目の入り方や木材本来のカラーによって色味の仕上がりはかなり変化します。
ここはKzの職人さんや私自身の経験をもとに、完成予想に近づけていきます。
こういうところがオーダーの楽しいところです!

ボディ・ネックも選びました

まずはコチラ「ボディ材」を選びました。
f:id:shima_c_yokosuka:20180330191020j:plain
Kz One Standard Semi-Hollowのボディ材は全てホンジュラスマホガニー(ホンマホ)です。
今や貴重材となってきたホンマホですが、工房には潤沢に取り揃えてありました。

既に成型が終わってあるボディ材をいくつか手に取り、
その重量や色味・杢目・トーンなどを確認していきます。
f:id:shima_c_yokosuka:20180331110004j:plain

そして続いては「ネック材」も選んでいきます。
f:id:shima_c_yokosuka:20180331110120j:plain
ここも職人さんに相談しながらオススメのネック材を見せていただき、
ネック強度に繋がる「杢目の流れ・詰まり具合」に注目して選定してきました。

ネックが決まったら次は「指板」を選びます。
ご覧くださいこの美しいマダガスカル・ローズウッド指板を!
f:id:shima_c_yokosuka:20180331110823j:plain
指板は見た目の色味や杢目の入り方、つまりルックス面での楽しみもありますが
今回の選定で驚いたのが、「トーン(音)」が個体によって全然異なるという点です。

「カーン」という明るめのサウンドや「コーン」というやや暗めのサウンドなどがあり、指板によるギター全体へのサウンドの影響が間違いなくあるということを実感できました。
指板、面白いです。

さてさて、ボディ・ネック・指板が決まりましたので、続いてはコチラです。
f:id:shima_c_yokosuka:20180331111524j:plain
ヘッドの突板と指板とのマッチングを決めます!

ちなみに、ここまで細かく選定してオーダーしたのは当店が初めてとのことです。笑
だって、拘りたいですよね!

そして無事にヘッド突板と指板のマッチングも決まり、
ここまででようやく「ボディ」「ネック」で使う木材の選定が終了しました・・・
約半日かけての選定はさすがにちょっと疲れました。

工房の様子も少しお見せします

f:id:shima_c_yokosuka:20180331112745j:plain
ここは木工部屋の作業台で、製作中のモデルにセルバインディングの接着している様子などを見させて頂きました。
f:id:shima_c_yokosuka:20180331112840j:plain
さらにさらに、マホガニーの端材を切ったり穴をあけたりしてきました!職業体験!
f:id:shima_c_yokosuka:20180331113353j:plain
f:id:shima_c_yokosuka:20180331113530j:plain
特にこの穴をあける機械、癖になるくらい楽しかったです。
木を削るあの何とも言えない感覚がなんだか気持ちいいんです笑

オーダー完成までしばらくお待ちください

今回紹介したモデルKz One Standard Semi-Hollow 3S23 Kahlerは
順調に作業が進めば5月頃に完成する予定となっております。

このブログでは紹介できていない仕様や実際に決まったカラーリングなど、
発表までもうしばらくお待ちくださいませ。

次回は木工作業が進み、製作段階の写真と共に紹介していく予定です!
それでは!
yokosuka.shimablo.com

お問い合わせ

島村楽器横須賀プライム店 046-821-0700
語り手 石川諒(いしかわりょう)
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.